40代でケアを始める場合のエイジングサインは?

30代以下でもエイジングサインとして挙がる、目の周りの細かなシワや、シミ、ほうれい線は
もちろんエイジングサインとして気を付けたいところです。
そのほかにも、40代では特に気を付けてほしいサインが3つあります。

 

以前より毛穴が開いた

 

毛穴が開く原因は一概には言えませんが、「お肌の乾燥」が原因のひとつとして考えられます。
お肌の細胞の中にある「セラミド」という物質が加齢によって減少し、お肌の保湿力が下がっている可能性も考えられます。

 

 

毛穴が縦に長くなってきた


毛穴が縦長になるということは、お肌が垂れてきているサインです。
放っておくと、ほうれい線も目立つし、縦長毛穴が目立ってっきて、疲れた感じに見えてしまいます。

 

 

目のまわりの肌のハリがない


お肌は、筋肉だけでなくお肌の奥の真皮でも支えられています。
真皮にはコラーゲンがたっぷり含まれていますが、このコラーゲンは40代以降、
急激に減少するといわれています。コラーゲンが減少すれば、肌がやせ、垂れやすくなります。

 

生活面で気をつけたいことは?

20代・30代と同じく、「正しい方法で洗顔すること」「しっかり保湿すること」「紫外線対策を年中すること」が大切になります。
それらに加えて大切なのが、「お肌の酸化の対策」「コラーゲンを作り出しやすくすること」です。

 

お肌を酸化から守る「抗酸化作用」がある成分のひとつとして、「ビタミンC」が挙げられます。
ビタミンCは体の中でコラーゲンが作られるときにも必要不可欠。そのため、ビタミンCを、
食品やサプリと、基礎化粧品の両方で摂り、内からも外からもエイジングケアするのはいかがでしょうか。

 

コラーゲンを作り出すためには、原料のアミノ酸も必要になります。
コラーゲンの原料は、そのままコラーゲンを食べて、体の中に成分を取り込む方法が考えられます。
ビタミンCと併せて、コラーゲンの多い牛すじや、手羽元・手羽先を摂るようにすると、
コラーゲン不足による肌のたるみの解消に効果が期待できるでしょう。

アンチエイジングコスメはどんなものを選ぶ?

外側からのエイジングケアとして考えたいのが、基礎化粧品。保湿力が高いだけでなく、

美白効果や抗酸化作用のある成分を含んだラインを選ぶのがおすすめです。

 

美白効果と保湿力で注目されているのが「プラセンタ」。それも、馬など動物から抽出された
プラセンタです。また、抗酸化作用と美白効果で注目されている成分は、ビタミンC誘導体。
アルブチンという成分も、美白効果が期待できます。

 

価格の安いコスメでも有効成分が含まれている場合もありますが、成分の由来が少し異なる
場合もあります。少しお値段が張っても、口コミなどで高い評価を受け、
「効果がありそう」と思えるものを優先的に試してみるのが、
40代のエイジングケアにはおすすめです。