30代でケアを始める場合のエイジングサインは?

10代、20代で蓄積されたダメージが表面に出やすくなってくるのが、30代。
シミやくすみ、シワ、たるみといったエイジングサインが気になる人が多くなります。

 

特に注目したいのが、目元と口元のこんなサイン。

 

目の下に細かなシワができ始めた

 

目の下は皮膚が薄く、お肌の乾燥が表れやすい場所。そのため、ほかの場所よりもシワが表れやすいといわれています。
つまり、目の下に細かなシワができてきたら、それはお肌の乾燥のサインと取れます。

 

 

ほうれい線が目立ち始めた


ほうれい線の原因はいろいろありますが、肌の乾燥、肌のたるみ、表情筋の衰えなどが主な原因だと言われています。
ほうれい線が目立ち始めただけでは、どの原因によるものかわかりませんので、
それぞれの対策をする目安にするとよいでしょう。

 

 

頬骨のあたりに左右対称にシミができてきた


通常のシミの可能性もありますが、「肝斑」の可能性も。肝斑は、30代から40代に多く発症するそうです。
肝斑の発症には、ストレスや女性ホルモンがかかわっているという説があります。
ちょっと自分でのケアは難しそうですが、肝斑であれば「トラネキサム酸」の内服が効果的と言われています。
肝斑であれば病院でも薬を処方してくれるので、「これ肝斑かな?」と思ったら、
一度皮膚科へ相談に行ってみるのもいいかもしれませんね。

生活面で気をつけたいことは?

一番気を付けたいのは、とにかく肌を乾燥させないこと。肌の乾燥は、シワだけでなくシミの原因にもなります。
また、肌が乾燥しているということはお肌のバリア機能がうまく働いていないということ。
それにより、アレルギーになりやすくなるとも言われています。
エイジングサインではありませんが、アレルギーになりやすくなるのは避けたいですよね。

 

洗顔を正しい方法で行って洗いすぎないことと、保湿に重点を置いた基礎化粧品選びが大切になります。

アンチエイジングコスメはどんなものを選ぶ?

肝斑ではないシミが気になる場合は、アルブチンやビタミンC誘導体など、

美白効果が認められている成分を使ったコスメを使ってみるのはいかがでしょうか。
最近は高価なものではなくても、しっかりと美白の有効成分が配合された化粧水などもあります。
自分の肌により合うものを求めていろいろ試してみると、自分の肌質もよりわかってきて楽しいですよ。

 

また、シワやほうれい線が気になる場合は、とにかく保湿効果の高い成分の含まれたコスメを
選びましょう。季節によって乾燥のしやすさも違うので、肌の具合を見ながら
基礎化粧品を変えていけたら理想です。